フィギュアスケートのジュニア・グランプリ(GP)シリーズ第2戦米国大会は30日、レークプラシッドで行われ、男子はショートプログラム(SP)1位の佐藤駿(埼玉栄高)がフリーでも137・93点でトップとなり、合計217・12点で優勝した。

 女子SPは河辺愛菜(関大KFSC)が53・78点で6位、田中梓沙(京都醍醐FSC)が51・37点で10位。アイスダンスのリズムダンス(RD)で吉田唄菜(岡山ク)西山真瑚(東京・目黒日大高)組は56・43で6位につけた。(共同)