【ワシントン、ニューヨーク共同】ポンペオ米国務長官は30日、英領ジブラルタル当局に解放されたイランの大型タンカーが制裁対象のシリアに向かっているとの信頼できる情報があるとツイッターに投稿し、目的地の変更を要求した。米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は積み荷の原油をシリア近くで複数の小型タンカーに移し替える計画だと報じた。

 事実なら米欧諸国の反発は必至で、緩和に向かっていた英イラン間の緊張が再び高まる恐れがある。タンカーは、欧州連合(EU)の対シリア制裁違反の疑いで7月に拿捕、シリアなどに向かわないことを条件として解放され、8月18日に出航した。