【モスクワ共同】ロシアのウシャコフ大統領補佐官は30日、来年5月9日にモスクワで開かれる第2次大戦の対ドイツ戦勝75周年を祝う記念式典にフランス、インド、キューバなど17カ国の首脳から出席の回答が届いたと明らかにした。トランプ米大統領にも招待状を送ったが回答はまだという。

 2014年のロシアによるウクライナ南部クリミアの一方的編入後、米欧諸国首脳は同式典への出席を見送ってきたが、75周年の来年についてはフランスのマクロン大統領がいち早く出席を表明。ロシアは盛大な国際的行事を開催することで威信回復を狙っている。