横浜市の新交通システム「金沢シーサイドライン」の自動運転車両が6月に逆走した事故で、運営会社は31日、中断していた自動運転を3カ月ぶりに再開した。不具合に備え、6日間程度は運転免許のある保安要員が同乗。事故前の65%程度の本数で運行する。

 運営会社によると、逆走は電線の断線で正しい進行方向がモーターに伝わらなかったことが原因。正しい進行方向が伝わっていない場合には、車両が駅から出発しないようシステムや回路を改修した。9月6日からは無人での自動運転とする方針で、ダイヤも事故前の98%程度まで戻す。