DeNAが5連勝した。2―2の八回に代打佐野の押し出し四球と続く神里の2点適時打に失策が絡み、計4点を勝ち越した。先発の浜口が負傷降板したが、2番手の笠井が4回1/3を1失点と試合をつくった。広島は3連敗を喫した。