【ワシントン共同】米商務省が30日発表した7月の個人所得・消費統計(季節調整済み)によると、個人消費支出(PCE)物価指数は前年同月から1・4%上昇した。上昇率は6月から0・1ポイント拡大したが、米連邦準備制度理事会(FRB)が目標とする2%を9カ月連続で下回った。

 世界経済の悪化に加え、物価も伸び悩んでいるため、市場はFRBが9月中旬に追加利下げを決めると見込んでいる。前月比では0・2%上昇した。

 前年同月比では、エネルギー価格が2・1%下落。一方、食品は0・9%値上がりした。変動の激しい食品とエネルギーを除いたPCEコア物価指数は1・6%上昇した。