復興庁は30日、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故による避難者数が8月9日時点で4万9953人だったと発表した。前回7月10日時点から318人減り、5万人を割った。震災直後の避難者数は推計47万人。

 避難先は47都道府県の989市区町村。都道府県別では、原発事故の影響が続く地域からの県内避難が多い福島が1万982人で、東京4349人、茨城3300人、埼玉3291人と続く。岩手、宮城、福島3県から県外に避難している人は計3万6410人。

 施設別では、仮設住宅や民間賃貸住宅などで暮らす人が2万5521人、親族・知人宅が2万4207人、病院などが225人。