東日本の太平洋側を中心に31日朝にかけ、局地的に雷を伴った激しい雨が降る恐れがある。西日本と東日本で大雨の峠は越えたが、これまでの雨で地盤が緩んでいる所があるため、気象庁は30日、引き続き土砂災害に警戒するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、東シナ海から西日本の太平洋側を通り東日本に延びる前線が、31日にかけ南下する。東日本太平洋側を中心に暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定になる。

 31日午後6時までの24時間予想雨量は東海の多い地域で100ミリの見込み。