デンマークにある世界最大の精子バンク「クリオス・インターナショナル」が日本進出の準備を進めていることが30日、同社への取材で分かった。「不妊治療の一助に」と日本人ドナー(提供者)を募集、凍結保存した精子を販売する構想だが、日本産科婦人科学会は会告で営利目的提供への関与を会員医師に禁じており、どのようなビジネス展開が可能か国内の生殖補助医療の専門家らに意見を求め慎重に検討している。

 国内では、ボランティアの第三者から提供された精子を使って人工授精が実施されてきたが、近年は提供者の減少で患者のニーズに応えられなくなっており、同社の動向が注目される。