日本サッカー協会は30日、東京五輪世代のU―22(22歳以下)日本代表で臨む北中米遠征に、安部(バルセロナ)や前田(マリティモ)、上田(鹿島)ら22人を選出した。9月6日にU―22メキシコ代表、9日にU―22米国代表と国際親善試合で対戦する。

 森保監督はフル代表の活動と重なるため指揮を執れないが「素晴らしい強化の機会。いい経験を積み、レベルアップしてもらいたい」と期待した。元日本代表GKでナショナルトレセンの川口GKコーチが同行する。