大相撲秋場所(9月8日初日・両国国技館)で2場所連続7度目の優勝を目指す横綱鶴竜が30日、東京都墨田区の時津風部屋に出稽古し、平幕正代を相手に10戦全勝で順調な調整ぶりを示した。

 狙いを「土俵の感覚を確かめるだけ」と言うものの、鋭い踏み込みから前まわしをつかんで一気に寄り切る場面が目立ち、正代を圧倒。「相手は関係なく、自分の相撲を取るだけ。日に日にいい感じになってきている」と手応えをにじませた。

 昨年の夏場所で自身初の2連覇を経験した。その時以来の連続優勝へは「そう思わないこと。連覇ではなく、今場所は今場所でまた優勝を目指す」と自然体を強調した。