米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属のCH53E大型輸送ヘリコプターからの窓落下について、謝花喜一郎副知事は30日、県庁で取材に応じ「強い憤りとしか表現しようがない」と述べた。在沖縄米海兵隊は、窓が緊急時の脱出用に取り外せるよう設計されていると明らかにした。

 海兵隊によると、ヘリは定期的に予定された飛行の後、普天間飛行場に戻り窓の欠落を報告。原因を調査している。窓はゴム製のシールで囲まれているという。

 防衛省沖縄防衛局によると、27日午後5時半ごろ、沖縄本島の東海岸から約8キロの沖に窓が落下。1辺の長さが約58センチと約47センチで重さ約1キロだった。