気象庁は30日、西日本から東日本で同日夜にかけ、局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降るとして、土砂災害への厳重な警戒や低い土地の浸水、河川の増水への警戒を呼び掛けた。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要だ。

 気象庁によると、活動が活発な前線が東シナ海から西日本、北陸を通って、日本の東に延びている。30日夜にかけて太平洋側へ南下して停滞する見込みで、西日本から東日本の広い範囲に暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になる。

 太平洋側を中心に降水量が多くなる見通し。