オリックスは山本が九回途中1失点と好投し、6勝目を挙げた。威力のある速球を主体に10三振を奪った。打線は一回にモヤと中川の適時打などで3点、二回に西野の適時打と、序盤で得点を重ねた。西武は多和田が乱れ、3連敗。