第101回全国高校野球選手権大会(6日から16日間)の出場校による甲子園練習最終日は3日、甲子園球場で行われ、星稜(石川)や初出場の誉(愛知)など13校が調整した。

 星稜は好投手の奥川がマウンドの感触を確かめた。「厳しい戦いになると思うが、どんな状況でも最後まで諦めることなく、全力でプレーする姿をたくさんの人に見てほしい」と話した。