【ソウル共同】韓国の李洛淵首相は3日、日本が「ホワイト国(優遇対象国)」からの韓国除外を閣議決定したことについて「日本は越えてはならない一線を越えた」と強く批判した。李氏は日韓両国や世界の経済協力を脅かし、日米韓の安全保障体制にも亀裂を生じさせる措置だとした上で、韓国政府は「断固とした対応を取るしかない」と強調した。

 日本の措置への対策を盛り込んだ補正予算案が2日に国会で可決されたことを受けて開いた閣議で述べた。李氏は「日本が無謀な措置を一日も早く撤回するよう米国など国際社会と努力していく」とした。