【北京共同】日中韓や東南アジア諸国連合(ASEAN)など16カ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の閣僚会合が3日、北京で開かれた。半導体材料などの輸出規制強化を巡る日韓の対立激化が、年内妥結を目指すRCEP交渉に暗い影を落としている。

 開幕式には中国の胡春華副首相が出席し「RCEPは構想から現実になりつつある。強い政治的な意思を持って年内妥結に向け努力してほしい」と呼びかけた。

 日本は世耕弘成経済産業相が出席。韓国との2国間協議は行わない見通しだ。