2020年東京五輪の新種目サーフィンのプロ最高峰チャンピオンシップツアー(CT)の予選シリーズ(QS)全米オープンは2日、カリフォルニア州ハンティントンビーチで行われ、3連覇を狙った男子の五輪代表候補の五十嵐カノア(木下グループ)は4回戦で敗退し、17位に終わった。今大会はQSでは最もランクが高い。(共同)