米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属のCH53E大型輸送ヘリコプターが27日、同県東海岸から約8キロの沖に窓を落下させていたことが分かった。政府関係者らが29日、明らかにした。人的な被害は確認されていない。

 関係者によると、落下したのは27日午後5時半ごろ。窓は一辺の長さが約58センチと約47センチのプラスチック製で、重さは約1キロあったという。

 県には29日午後5時ごろ、防衛省沖縄防衛局を通じて連絡があった。県幹部は「発生から2日経過してからの連絡である上に、整備はどうなっているのかと憤りを禁じ得ない」と述べた。近く米軍側に抗議する意向だ。