スポーツ庁は29日、2020年度予算の概算要求で、19年度当初予算に比べて71億円多い411億円を計上すると発表した。本番を迎える東京五輪・パラリンピックの選手強化や、スポーツを通じた健康増進といった大会後のレガシー(遺産)づくりに重点的に費用を配分した。

 東京五輪・パラリンピックに向けた関連予算は169億円を計上した。このうち、選手の戦略的な強化を支援する競技力向上事業には110億円を充てた。医科学面などで日本選手団を支援する複数の拠点設置費用を含むハイパフォーマンス・サポート事業は18億円を見込む。