陸上男子短距離の山県亮太(セイコー)が気胸からの復帰戦に予定していた9月1日の「富士北麓ワールドトライアル2019」(山梨県富士吉田市)を腰の違和感のため欠場すると29日、所属先が発表した。

 世界選手権(9~10月・ドーハ)代表入りは絶望的となり、山県は自身のツイッターに「世界選手権はテレビで観戦することになりそうです。来年はちゃんと走れるように初心に戻り出直してきます」と書き込んだ。

 山県は気胸で6月の日本選手権を欠場。400メートルリレーでの代表入りを目指していたが腰に違和感を覚え、大事を取って復帰を順延した。