【ソウル共同】日本外務省の金杉憲治アジア大洋州局長が29日、ソウルで韓国外務省の金丁漢アジア太平洋局長と会談した。金氏は、日本政府が輸出管理で優遇措置を取る「ホワイト国(優遇対象国)」から韓国を除外したことに強い遺憾と抗議の意を表明し、早急な撤回を重ねて要求した。韓国外務省が発表した。

 金氏は、輸出管理当局間の「無条件かつ真摯な対話」を早期に実施する必要があると強調した。

 また、東京電力福島第1原発で増え続ける放射性物質を含んだ処理水の海洋放出が取り沙汰されていることへの「韓国政府や国民の厳しい認識」を伝え、関連情報の常時共有を求めた。