全国の子どもたち約2万2千人が夢を書いた付箋をモザイクアートにした「こども夢しんぶん」の完成式が29日、東京都渋谷区で開かれ、付箋約9万7千枚を使って作った約549平方メートルの“巨大新聞”が「最大の付箋モザイク」としてギネス世界記録に認定された。

 日本新聞協会の主催で、前日からの制作に小学生延べ114人が参加。「バレリーナになりたい」「昆虫博士になりたい」など思い思いの夢が書かれたカラフルな付箋を体育館に敷き詰めた台紙に次々と貼り付けた。

 最後はアンバサダーを務める子役の寺田心君が自身の夢を書いたピンクの付箋を貼り、「こども夢しんぶん」が完成した。