【テヘラン共同】訪日したイランのザリフ外相が28日の安倍晋三首相との会談で、イラン沖・ホルムズ海峡での船舶保護を理由とした米主導の有志連合構想に反対する考えを伝えたことが29日、外交筋の話で分かった。日本の首脳にイラン指導部の意向を直接伝達することで、日本政府に有志連合に参加しないよう強く促した。

 外交筋によると、ザリフ氏は安倍氏に「外国部隊の駐留はホルムズ海峡の安全に寄与せず、中東の安定を危険にさらす恐れがある」と強調した。イランは、同海峡やペルシャ湾の安全はイランや近隣国の責任で確保するとして、域外国の関与は不要だと主張している。