JR東日本と全日本空輸は28日、次世代の移動サービス「MaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)」の分野で連携すると発表した。鉄道や航空関係の情報を入手しやすくするなど、利用者が出発地から目的地まで円滑に移動できるサービスの構築を目指す。

 両社は今後、具体的なサービス内容の検討を進める。鉄道の切符や、航空券を簡単に購入できる仕組み作りも視野に入れており「デジタル技術も活用しながら検索、予約、決済などのさまざまな面で連携する」と説明している。