開幕まで1年を切った東京パラリンピックに向け強化を進める車いすバスケットボール男子の日本代表が世界の強豪と対戦する4カ国対抗の国際大会、ワールドチャレンジ・カップが29日、来年の本番会場となる東京都・武蔵野の森総合スポーツプラザで開幕する。

 28日は記者会見が行われ、及川監督は「来年のリハーサル。大観衆の中で来年のことを想像できるようなプレーをしたい」と抱負を述べ、豊島主将は「いいチームができあがっていると思う」と自信をのぞかせた。

 日本は世界選手権3位のオーストラリア、同4位のイラン、同14位の韓国と顔を合わせる。