文部科学省は28日、災害時の避難所に指定されている全国の公立学校の防災機能に関する調査結果を発表した。断水時に使用可能なトイレを備える学校は全体の58%、停電時の電力確保は61%。2年前の前回調査はそれぞれ50%と53%だった。

 同省は「防災に十分な予算を確保できない自治体や、学校以外の避難所整備を優先するケースもある」(担当者)と分析。災害対応型トイレや自家発電設備の導入に使える補助金も活用し、早期の整備を自治体に促す。

 避難所に指定されている小中高校や特別支援学校計約3万校を対象に、4月1日時点で調査した。調査は2回目。