2020年東京五輪聖火リレーのランナーの一般公募が31日で締め切られる。全国の47都道府県の実行委員会とスポンサー企業の日本コカ・コーラ、NTT、日本生命保険、トヨタ自動車がそれぞれ募集を実施しており、大会組織委員会の聖火リレー・公式アンバサダーで女優の石原さとみさんは「ぜひ体感して、記憶に残る、誇りになる時間を過ごしてもらえたらと思う」と呼び掛けている。

 応募できるのは08年4月1日以前に生まれた人で、来年度に中学生以上の人が対象となる。性別、国籍は問わず、障害のある人でも参加できる。原則として走行を希望する都道府県には、ゆかりがあることが条件。