千葉県教育委員会は28日、約25年間にわたって無免許で車を運転していたとして、柏市立柏第三小の岩倉貞実教頭(52)を懲戒免職処分にした。妻の運転免許証の氏名や顔写真を自分のものに偽造し、手当申請のためコピーを学校側に提出。2015年度以降、通勤手当や出張旅費計約22万円を受け取っていた。

 県教委によると、教頭は1989年教諭に採用。身内から車を譲り受けたのをきっかけに94年以降、私用や通勤のため無免許で車を運転していた。

 教頭は今年7月、道交法違反などの容疑で千葉県警に逮捕された。「10代のころ教習所に通ったが、免許が取れなかった」と供述していた。