予備校講師でタレントの林修と子役の新津ちせが8月31日の「やさいの日」にちなみ、東京都内で開かれた国産野菜のPRイベントに登場。教壇に立った林が生徒役の新津に「特別授業」で野菜の秘密を教えた。

 新津は子どもに人気の曲「パプリカ」を歌う「Foorin(フーリン)」のメンバーで、「天気の子」の新海誠監督の娘。「めちゃくちゃ野菜を食べる」という林がうんちくを語りだすと、新津は「長野のおばあちゃんがいっぱい野菜を送ってくれて、それが本当においしい」と話し、林を「そんな強い味方がいるとは」とうならせた。

 「子どもはピーマンは苦手なのに、どうして大人は食べられるの」といった新津の質問に対し、林が解説。水槽を使って野菜を浮かべる実験では、二つのうち甘みの強いトマトが沈むはずが両方浮いてしまったり、新津が勢いよくパプリカを水槽に入れて水が飛び散ったりするハプニングも。新津は笑い声を上げながら授業を受けていた。

 残暑が続くが、野菜好きのおかげで「暑さごときで体調を悪くしたことは、人生でない」と胸を張った林。新津も「野菜をたくさん食べてもらって、みんなが健康になればいいと思う」とアピールした。