28日午前7時20分ごろ、北海道釧路市沖で、宮城県漁協唐桑支所(気仙沼市)所属で男性7人が乗った漁船「第38順栄丸」(19トン)と電話が通じなくなったと、僚船から118番があった。第1管区海上保安本部(小樽)などが捜索、航空機が付近の海域で転覆した順栄丸を発見した。巡視艇が現場に到着し、転覆した船体の上にいた7人を救助した。全員命に別条はない。

 1管などによると、現場は釧路市の南方110キロの沖合。乗組員は日本人3人とインドネシア人4人の計7人で、カジキマグロの流し網漁をしていた。僚船に「船体が傾き危険な状態」と連絡があった後、電話が通じなくなった。