KDDI(au)は28日、10月に導入される携帯電話料金の新規制に対応し、2年契約を中途解約した場合の違約金を千円に抑えた新プランを発表した。データ通信ができる毎月の容量を無制限とした上で、現行プランよりも値下げした。新規制に合わせたプランの発表は携帯大手で初めて。

 現行プランの違約金は9500円。NTTドコモやソフトバンクも違約金を9500円に設定しており、変更を迫られている。

 KDDIは新プランを9月13日から提供する。家族2人以上の携帯回線契約や固定のインターネット回線の契約を条件として、月額5880円とした。