31日に開幕するバスケットボール男子のワールドカップ(W杯)中国大会に出場する日本代表が28日、羽田空港から日本戦が行われる上海へ出発した。搭乗前に取材に応じたエースの八村(ウィザーズ)は「ついにこの日が来た。親善試合や練習でやってきたことの成果を出すのが楽しみ」と気持ちを高ぶらせた。

 世界ランキング48位の日本は21年ぶりに予選を突破して出場を決めた。W杯前の強化試合では同22位のドイツを破るなど、期待が高まっている。渡辺(グリズリーズ)は「W杯で日本のバスケットボールが大きく前進するかどうかが決まる。いい報告ができるように頑張る」と力を込めた。