【ニューヨーク共同】米たばこ大手のフィリップ・モリス・インターナショナル(PMI)とアルトリア・グループは27日、対等合併に向けて協議していると発表した。両社は「マルボロ」ブランドの紙巻きたばこで知られるが、喫煙者の減少や電子たばこの普及で紙巻きたばこが苦戦し、ビジネスモデルの見直しを迫られていた。

 アルトリアは、米国の代表的な株価指数「ダウ工業株30種平均」の構成銘柄だった名門企業。PMIはアルトリアの国際部門が2008年に独立して設立された。PMIが米国外の事業、アルトリアが米国事業をそれぞれ手掛けており、両社とも「マルボロ」などを扱っている。