【ベルリン共同】サッカーのオランダ1部リーグのPSVアイントホーフェンは27日、日本代表の堂安律(21)を同1部のフローニンゲンから獲得することで合意したと発表した。メディカルチェックなどを経て正式契約を結ぶ見込み。

 東京五輪世代の攻撃の中心と期待される堂安は左足の強烈なシュートが武器。J1のG大阪から2017年夏にフローニンゲンへ移籍し、1季目に9ゴールと活躍した。昨年9月に日本代表デビューを果たし、準優勝した今年のアジア・カップでは主力を務めた。