【モスクワ共同】ロシア・オリンピック委員会(ROC)のポズドニャコフ会長は27日、2020年東京五輪のロシア代表大使にフィギュアスケート女子で平昌冬季五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ選手(19)を任命したと発表した。

 大使は五輪期間中にロシア選手団を応援したり、参加国が自国をPRする「ナショナルハウス」でファンと交流したりする役割を担う。同会長と記者会見したメドベージェワ選手は「とても光栄なことだ」と語った。

 間もなく新シーズンを迎えることについては「競技への影響をコーチらと何度も議論してきたが、決断するのは難しくなかった」と話した。