環境省は27日、絶滅が危ぶまれるコツメカワウソとビロードカワウソについて、国内での取引を規制する方針を固めた。ジュネーブで開催中のワシントン条約締約国会議が、国際取引を原則禁止とする見通しとなったことを受けた措置。種の保存法の政令を改正し、国際希少野生動植物種に指定する。11月末に施行予定。

 コツメカワウソは近年、日本で人気が過熱している。数年前からカワウソと触れ合えるカフェが各地に開店し、ペットショップでは100万円以上で取引されることもある。生息地の東南アジアでは日本向けに密輸を図り、摘発される例が相次ぎ、環境団体などが規制強化を求めていた。