27日の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=105円台後半で取引された。

 午後5時現在は前日と同じ1ドル=105円73~75銭。ユーロは12銭円高ユーロ安の1ユーロ=117円46~50銭。

 トランプ米大統領が前日、中国との貿易協議開催に前向きな姿勢を見せたことで投資家心理がやや改善し、朝方は円を売ってドルを買う動きが目立った。

 半面、世界経済の減速懸念から安全資産とされる円の買い戻しも出た。外為ブローカーは「米中対立が和らぐとの期待が一時的に先行したが、市場では再び緊張が高まることへの警戒感が根強い」と話した。