大相撲秋場所(9月8日初日・両国国技館)で大関から関脇に転落した貴景勝が27日、東京都台東区の千賀ノ浦部屋で本格始動した。10勝すれば大関に復帰できる今場所に向け「優勝したい。優勝を目指さないと10勝はできない」と決意を語った。

 四股やすり足の後、立ち合いの踏み込みから当たる感覚を確かめた。23歳の貴景勝は新大関だった夏場所で右膝を負傷し途中休場。先場所は全休し、わずか在位2場所で降下した。「9月に出るために先場所を休んだ。けがをする前よりパワーアップしている。残すは相撲勘」と説明。今後は相撲を取る稽古でペースを上げていく意向だ。