西日本から北日本までの広い範囲で29日にかけて雷を伴った大雨になるとして、気象庁は27日、土砂災害や浸水、河川の増水・氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。特に九州北部を中心に猛烈な雨が降る恐れがある。

 27日は西日本で局地的に大雨となった。気象庁はレーダー解析から長崎県内に記録的短時間大雨情報を相次いで発表。佐賀県伊万里市で1時間に59・0ミリなど非常に激しい雨を観測した。長崎県松浦市や伊万里市では27日夕方までの半日で雨量が200ミリを超えた。

 佐賀県内の複数の河川が氾濫危険水位に達し、堤防決壊など浸水の恐れがあるとして自治体が住民に安全確保を呼び掛けた。