【サイパン共同】太平洋戦争中、日米両軍の激戦地となったサイパン島で27日、元島民や遺族らでつくる「南洋群島帰還者会」が戦没者慰霊祭を開いた。今年でサイパン陥落から75年。高齢化に伴う参加者減少のため、50回目の節目となった今回で団体での慰霊訪問は最後となった。

 島北部にある「おきなわの塔」前で実施し、地元関係者も含め150人超が参列。那覇市から訪れた上運天賢盛会長(87)は「各地で悲惨な戦争体験を語り継ぐ活動が続いている。心安らかにお眠りください」と追悼の言葉を述べた。