浜松市が3月、DV(ドメスティックバイオレンス)被害を受けて離婚した女性の現住所が分かる書類を元夫の自宅に誤送付し、女性と子どもが転居を余儀なくされたことが27日、市への取材で分かった。市は女性に謝罪、転居費用など損害賠償約64万円を支払った。

 市によると、保育所に通う子どもがいる生活保護世帯に教材費を給付する事業を行っており、女性に申請を促す書類を郵送の際、宛先を、女性が暮らしていた元夫の自宅とした。書類には女性の住所が分かるものもあった。

 元夫宅を出た後、女性は子どもの保育所について市に相談。元夫の住所も伝えていたため、市は宛先を間違えたとしている。