【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会は27日、北朝鮮が24日に短距離弾道ミサイルと推定される飛翔体2発を発射したことについて非公開で議論する。安保理外交筋によると、英国とフランス、ドイツが要請した。米国は要請に加わらなかった。トランプ米大統領は今回の発射後、これまで通り短距離ミサイル発射は問題視しない姿勢を表明している。

 中国とロシアは北朝鮮を支える姿勢とみられ、安保理で拒否権を持つ5常任理事国は分裂。安保理全体で統一した見解を打ち出す可能性は低い。

 外交筋によると、中東関連会合の「その他の案件」として議論した。