富士山頂付近の登山道でロシア国籍の女性が落石に当たって死亡した事故を受け、山梨県は27日、落石につながった可能性がある山頂付近の石積みに、立ち入り規制のロープを張った。

 県によると、石積みは山頂付近の神社の敷地内にあり、上る登山者もいたという。実際に石が崩れたという情報はないものの、事故防止のためロープを張り、「立ち入り禁止」の看板を設置した。

 山頂付近では昨秋、崩落が発生し、県がのり面をネットで覆い仮復旧した。26日朝の事故後に調査した結果、崩落やネットの破れはなく、県は別の場所からの落石とみている。