【フォートワース共同】ヤマトホールディングスは26日、米南部テキサス州フォートワース郊外での無人輸送機の飛行実験を報道陣に公開した。実験機の積載量は最大32キログラム。最大450キログラムの荷物を自動飛行で運ぶ「空飛ぶトラック」の技術を確立し、2025年までの実用化を目指す。

 実験は、輸送機を共同開発する米ベル・ヘリコプターの施設で行った。四つのプロペラで垂直に浮き上がり、上昇後は機体を水平方向に傾けて50メートルほどの高さを数分間飛び、垂直に着陸した。

 立ち会ったヤマトの長尾裕社長は「物流の新たなビジネスモデルがスタートする画期的な日だ」と語った。