【ビアリッツ共同】トランプ米大統領は26日、来年米国で予定される先進7カ国首脳会議(G7サミット)の開催都市は「(南部フロリダ州)マイアミになるだろう」と述べた。施設として、自身の一族が所有するマイアミ近郊のゴルフリゾートが「ベストな」候補だと明らかにした。

 トランプ氏はフランス南西部ビアリッツで開かれたG7サミットに合わせたドイツのメルケル首相との会談冒頭、記者団に明らかにした。理由について「マイアミ国際空港が車で5分の距離にある」とアクセスの良さを指摘した。

 この施設は「トランプ・ナショナル・ドラル・マイアミ」。