総務省は26日、10月に携帯電話事業に参入する楽天モバイルの基地局整備が計画より遅れているとして、基地局の設置場所確保や作業工程を管理する体制整備など計画を確実に進めるよう文書で指導した。各事項に対する毎月の取り組み状況の報告も求めている。

 文書ではサービス開始に当たり、余裕を持って品質や提供地域などサービス内容の情報を提供するほか、苦情や問い合わせ処理のための体制を整えることも要請した。

 楽天モバイルに対しては、これまでにも基地局整備に関する具体的な計画の提出を求めており、行政指導は今回で3回目となる。