東日本大震災の教訓伝承に向け官民でつくる「3・11伝承ロード推進機構」は26日、理事会を開き、近く青森、岩手、宮城、福島の4県に点在している震災遺構や伝承施設を一覧できる地図を作成することを決めた。9月10日に予定する設立式典での公表を目指す。

 各地の語り部が、それぞれどのような話をしているかを一覧にすることや、4県の遺構などを巡る観光のモデルルートの作成も検討する。

 代表理事で東北大災害科学国際研究所の今村文彦所長は「復興の中さまざまな課題やテーマが出ている。各地域と連携し3・11の教訓をつなぐ支援をしたい」と話した。