【北京共同】日本、中国、韓国の各政府が中国で開く次回の3カ国首脳会談の日程について、12月25日を軸に調整を始めたことが26日、分かった。今月21日に北京で開いた3カ国外相会談で認識を共有したもようだ。日中韓外交筋が明らかにした。朝鮮半島の非核化実現や経済連携の強化を巡り協議する見通し。

 日中韓首脳会談が実現すれば、東京で開催した昨年5月以来。外交筋は3カ国外相会談を受け「クリスマスごろの開催で調整に入った」と明らかにした。

 中国の王毅国務委員兼外相は会談後の共同記者発表で「年内の首脳会談開催へ準備を進め成功させたい」と表明していた。