日本女子プロゴルフ協会は26日、東京都内で記者会見を開き、9月12日から兵庫県で開催される国内四大大会第2戦の日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯に米ツアー3勝の畑岡奈紗、同19勝で2016年リオデジャネイロ五輪覇者の朴仁妃(韓国)、同10勝のフォン・シャンシャン(中国)が出場すると発表した。

 畑岡は開幕戦以来の国内参戦となる。史上2人目の大会連覇を狙う申ジエ(韓国)は「渋野日向子選手の全英優勝で若い世代が影響を受けた。私も先輩として、いい影響をもたらせるようなプレーをしたい」と語った。